Previous 宿 食 宴 Next
現地天気
現地時間: 17:22
現地気温: 22°C *
お役たち情報
このウェブを共有する
ホーム > トピックス > 最新消息內容
トピックス
一般
2014-04-08
当ホテルのプレステージのフロアリフォームがついに完了 中国の伝統的な雰囲気と現代の客室を組み合わせ、圓山の新しい風景を創る

2012年は圓山大飯店の60周年で、我々は圓山の甲子年を祝いました。2013年度から、圓山大飯店は新たな甲子へ向い新しい一歩を踏み出しました。かつて「国賓館」だった栄光を顧みつつ、圓山大飯店は2014年から新しい未来を創り、半永久的な経営の道を歩み始めました。


当ホテルは宿泊品質を上昇させるため、第一段階の客室リフォームを2013年10月1日から始めました。7~9階のプレステージフロアの客室及び廊下のリフォームや、元々10階にあるジムをホールに改装する作業など、全て3月末までに完了させました。

 圓山大飯店の歴史も客人が招かれる理由の一つです。歴史があることは決して古くさいものではありません。ホテルの外観に歳月とともに残った痕跡は、唯一無二の宮殿式建築の独特さをさらに引き出すでしょう。最高の宿泊品質を提供するためには、独特さはもちろん、外観に負けないサービスを提供し、お客様が客室に入ったとたんに思わず驚嘆するようなホテルにしていきたいと考えています。

 より多くの外国人観光客を引き寄せ、さらにホテル業界のトップに立つためには、客室の品質を上げてホテルの競争力を高めることが必要です。従って、客室を全面的リフォームすることは一刻も早くなすべきことです。

 

時代とともに進化しつつ伝統を守る。古い建造物に新しい魂を注ぐ。

 当ホテルは1973年10月10日に落成し、独特な中国宮殿式建築で一定の地位を確立しました。外見から中身に至るまで、コーディネートや色彩活用を通して中華の伝統的な雰囲気を完璧に再現できました。しかし、時の流れとともに古くなる客室や設備をしっかりと解決する必要があります。

 2008年に行った大規模な浴室リフォーム以外に、当ホテルではそのような全面的な作業はありませんでした。しかし、リフォームされない客室は古すぎて、お客様の期待に応えられなくなりました。そのため李建栄会長の指示に従い、蔣祖雄総経理が積極的にリフォームプランを立てました。一年のうちに何度も会議を行い、ようやくリフォームプランを実行できるようになりました。

 今回のリフォーム作業は当ホテルにとって大きな意味を持っています。なぜかというと、今回は単なるリフォームだけでなく、圓山は「国賓館」の名に賭けて積極的に競争の激しいホテル業会へ向き合う証でもあります。我々は必ずあらゆる面で最高の品質を提供し、全てのお客様に満足して頂きたいと思います。

 今回の作業内容は「鍵をICキーに変える」「浴室の改装」「スタンダード客室のイメージチェンジ」「プレステージのリフォーム」と「廊下にテーマをもたらす」などです。

 

古銭のような鍵は使えなくなる

 圓山の古銭型キーは重さと不便さで嫌われると同時にその独特な形で愛されています。現代化の需要に応じて、古銭型キーは全てICキーに変えましたが、記念のために同じ形のキーホルダーは発売することになりました。

浴室の改装

 排水システムを整えるほか、客室タイプによって四点式か八点式ユニットバスを設置しました。お客様の一日の疲れを取れるような浴室をご提供いたします。


錆びれたケヤキ製フローリングの魅力をもう一度

 今回のリフォームで最も特別なことは、長年絨毯に隠れていたケヤキ製のフローリングを皆さんが見えるようにすることです。ご存知の通り、当ホテルは70年代始まった頃に「孔二小姐」こと孔令偉が監督を担当し、彼女の丁寧さと慎み深さはまさに当ホテルの品質の保証です。フローリングに使われたケヤキも上等な逸品です。絨毯にするか木質床にするか、それぞれメリットとデメリットがありますが、絨毯を使わずにケヤキをありのままお客様に見せるのは今現在圓山大飯店最も魅力的な特色です。

 

スタンダード客室のイメージチェンジ

 普通のホテルは外の見えない客室を作りませんが、かつて国家元首など

がお泊りする際にセキュリティ上の必要に応え、我々はそういう客室を作りました。景色の見えない客室は、もちろんお客様に好まれません。そういった部屋は「暗房」と呼ばれています。

今回の改装ではこういった暗房もデザインとコーディネートを工夫し、くつろげる居心地の良い空間へ変身させました。

 

伝統と今を両立したリフォーム

 圓山の客室は他のホテルと比べてより広い空間があります。なのでリフォームはスペースを変えるなどではなく、圓山の精神と中身に時代の特質と意義を加えて、新たなイメージを創るということです。

 部屋に入ると、入口には気分を落ち着かせる茶系のタンスとバーカウンターがまず目に入ります。

 重いヘッドボードを梅の花の絵柄に変え、柔らかな落ち着いた雰囲気を作り、そのうえ改良した中国式ランプを飾り、宮殿式建物の外観とマッチさせました。さらに重圧感のあるアンティーク調な家具を捨て、より広い雰囲気を作りだしました

 壁側にシンプルなデスクが設置してあり、お部屋でも簡単に仕事を進められます。現代ビジネスに必要なUSBHDMIWi-Fi設備なども充実しております。

 お客様が一番気になるのはやはり明るさのある浴室でしょう。リフォームした客室は、ダブル洗面台付きのユニットバスを配置し、よりニーズに応える浴室を作り上げました。

 

伝統芸術が廊下を飾る

 当ホテルのような幅の広い廊下は世界中の5つ星ホテルを巡っても、なかなか見つからないでしょう。

 圓山大飯店が創立した当初は、国家元首や政治家の方々が宿泊される際の指定ホテルとなりました。よって安全性の配慮も兼ね一般的なホテル計画と違っていました。十分な寛さを持つ廊下を歩くと、圧迫感のない快適さを感じます。

 新たな廊下のコーディネートは圓山の伝統である中華芸術をメインにし、線柄のデザインを加えて、明るく爽やかな現代クラシックの雰囲気を醸し出しました。

 従来使っていた赤い絨毯の代わりに、四君子すなわち梅、蘭、竹、菊の刺繍柄入りカーペットを使い始め、景色の見えない部屋も四君子に相応しいデザインに変え、古典的でありながら縁起の良い雰囲気になりました。

 ほとんどの人は新しく品質の良い物事が好きでしょう。旅をするとき、新しいホテル、或いはリフォームされたホテルは好まれるでしょう。なぜかというと、そういうホテルは新しい設備があり、品質が良くて快適に泊まれそうだというイメージがあります。

 第一段階のリフォーム完了とともに、早くも第二段階のリフォームプランが進められました。予定は420日から920日までとなります。2つの段階に分けましたが、プロの手を通して、29階は同じ設計となります。我々は必ず圓山大飯店の最も優れた美しい姿を世間に伝えていきます。

Privacy policy

Dear friends, welcome to the website of the Grand Hotel. To ensure your Internet safety and privacy when using our e-services, we have made a number of related policies as written in the following notice. Please read it carefully, as you will also get to know how the Grand Hotel collects, references and protects your personal information.

  • Applicability

    When a user uses the Grand Hotel’s e-services, the policies on the collection, referencing and protection of individual client information are applicable.

  • The collection and use of client information

    This website will not collect any of your personal information if you only browse the site or download files.

    When you use the hotel’s e-services, such as writing an email to the hotel team or making reservations online, you will be required to give some of your personal information, such as your name and email address.

    The website will then record the time when you use the services, as well as the pages your visit. Such information will only be used to conduct surveys on the website’s traffic and customer behavior within the company. This is done to improve our service quality only. We do not go into details of your other personal information.

  • Internet safety policies

    We use an intrusion detection system to monitor Internet traffic, make sure no uploads or change of information are made without authorization, and stop hackers from wrecking havoc on the hotel website.

    A fire wall system is also set up to avoid malicious intrusions or information thefts. We make sure the website is not destroyed by hackers and the rights of users are protected.

    We use anti-virus software to kills bugs on a regular basis. We do our best to provide a safe, clean e-network for our guests.

    We also patch computer programs regularly, as advised by our operating system providers.

  • E-mailing policies

    We will only email you hotel-related materials or send a reply to your account when you allow us to do so, such as when you register at our website, or when you undertake online application procedures. We always clearly state the hotel name in the emails, and we also offer a quick link to terminate subscriptions or access related information in the letters.

  • Information sharing

    The Grand Hotel will never sell, exchange or lease any of your personal information to other individuals, groups or private enterprises.

  • Privacy protection

    If you have any questions about our privacy protection policies, please email us to let us know.

Internet safety policies

All of the hotel staff is obliged to promote the following policies, so as to ensure the safety of the Grand Hotel’s information system, Internet network and related facilities.

  • Management goals
    •  Make sure the information system is in steady operations.
    •  Keep hackers and viruses from intruding or destroying the network.
    •  Prevent bad intent on and illegal use of the information system from happening.
    •  Avoid human error or accidents.
    •  Make sure the hotel’s physical surroundings are safe.
  • Information and software exchange management

    Such management includes receiving and delivering of information and software, setting up technical standards and operation process, establishing rules for identifying senders and recepients, settling on the responsibilities to take when information is lost, ensuring the ownership of such information and the intellectual property right of the software, making sure the information is kept safe, as well as taking measures to protect confidential or sensitive materials.

  • The planning and management of Internet safety
    •  A network operation and monitoring standard is established to ensure safe data transmission and Internet connections. This can also prevent unauthorized access from taking place.
    •  Examinations on Internet safety are conducted on a regular basis.
    •  A fire wall system is introduced to monitor the transmission of and access to data among nodes within and outside the hotel’s network.
    •  Experts on Internet safety are invited to detect network loopholes for the hotel.
    •  New safety measures will always be announced upon implementation.
    •  Sensitive information should be encrypted when transmitted via public Internet as such, or use VPN connections with the corresponding institutions.
  • Firewall management
    •  A firewall system is installed to ensure safe data transmission and data access among nodes within and outside of the hotel’s network.
    •  A military zone and de-military zone are established in the hotel’s fire wall system, so as to protect users according to the services they use. E-services based within the hotel’s network are located in the military zone, while ultra-network services like the World Wide Web and eBAS are set in the de-military zone.
    •  Users from outside the network have to apply in advance to use services provided in the military zone.
    •  The fire wall is installed according to the Internet safety regulations of the Grand Hotel.
    •  The firewall should be monitored by an expert team, and records should be examined at any time if needed.
    •  The administrator should use a terminal to access the system as the firewall host. Remote log-ins are strictly forbidden.
    •  Once the firewall is fully established, the system administrator should conduct all necessary tests to make sure the wall lives up to the required safety standards.
    •  When changes are made to the hotel’s Internet safety policies and regulations, the system administrator should review and adjust the setting and access of the firewall system, so as to keep the hotel network safe at all time.
    •  The system administrator is responsible for all issues related to Internet safety. S/he should also keep the system updated to refrain from various cyber attacks.
    •  If necessary, VPNs (virtual private networks) based of various safety levels should be established between the hotel and its corresponding institutions, so as to ensure safe data transmission.
  • Email system management
    •  Personal emails should be kept in the recipient’s own private account. They should be promptly deleted delivered to the hotel’s public email system.
    •  Confidential official documents should never be delivered via email. Sensitive information may be delivered online when necessary, but the letter(s) must be encrypted in advance.
    •  To avoid impostors from sending emails in the name of the hotel staff, an e-signature may be attached in the emails. This will also help identify the recipient/sender and ensure the authenticity of the documents.
    •  To avoid malicious file execution, suspicious emails should never be read. If the system is attacked in a case like this, please contact the system administrator.
    •  It is forbidden to send letters that make recipients feel uneasy or upset.
    •  Anonymous letters and forgery are also prohibited.
〒10461台北市中山区中山北路四段一号 電話:+886-2-2886-8888 ファクス:+886-2-2885-2885
The Grand Hotel Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.
loading
loading
loading...